特選 二次鉱物 コレクション 2014
SCM-14001
Sampletite : サンプル石
Gold Endeavour 26(E-26 Ore Body), Northparkes Mine, Goonumbla, New South Wales, Australia
44mm x 42mm x 15mm....
Na、Ca、Cuに塩素を含んだ、含水燐酸塩鉱物で、良く似た外観を持つ、ラヴェンデュランの砒酸基を燐酸基が置き換えたものに相当します。錦糸光沢を持った鮮やかなブルーの結晶が、母岩上に付いている、美しい標本となっています。
SCM-14002
Olivenite : オリーブ銅鉱
Gold Hill Mine, Gold Hill, Gold Hill District, Deep Creek Mts., Tooele Co., Utah, U.S.A.
52mm x 41mm x 26mm....
銅の砒酸塩鉱物、オリーブ銅鉱の結晶標本です。ガラス光沢で、透明感のある、褐色味を帯びたオリーブ色の結晶が母岩に付いています。共生している鮮やかな緑色の鉱物は、同じ砒酸塩のコニカルコ石か、あるいは、明るい色合いから、ベイルドン石なども考えられますが、未分析のため、同定できていません。いずれにしても、この共生鉱物が花を添え、美しい外観を持つ標本となっています。
SCM-14003
Cornetite (with Malachite-Chrysocolla) : コルネタイト (孔雀石-クリソコラを共なう)
L'Etoile du Conga, Lubumbashi, Katanga (Shaba), Congo
53mm x 37mm x 30mm....¥5,800
コンゴ産の特産鉱物となっている、銅の燐酸塩鉱物、コルネタイトです。独特の青色をしたこの鉱物は、いろいろなタイプの外観を持った標本が見られますが、今回のものは、孔雀石、クリソコラを共なった、色彩のコントラストが美しい品となっています。
SCM-14004
Volborthite : ヴォルボース石 (バナジン銅鉱)
San Jose, Copiapo, III Region, Atacama Desert, Chile
43mm x 25mm x 24mm....
銅の含水バナジン酸塩鉱物、ヴォルボース石です。バナジン銅鉱とも呼ばれ、特徴的な黄緑色の鱗片状結晶で産出します。鮮青色のクリソコラ上に付いており、色彩のコントラストが美しい標本となっています。
SCM-14005
Pseudoboléite : 擬ボレオ石
Santa Catalina Mine, Sierra Gorda, Chile
42mm x 22mm x 11mm....
鉛と銅、塩素を組成に持つ、ハロゲン化鉱物、擬ボレオ石です。同じグループの良く似た鉱物にボレオ石がありますが、こちらは組成に銀を含んでいます。鮮やかなブルーの微小な結晶が、母岩上にたくさん付いています。
SCM-14006
Cyanotrichite : 青針銅鉱
Grandview Mine, Coconino Co., Arizona, U.S.A.
43mm x 38mm x 24mm....
米国、アリゾナ州、Grandview 鉱山から産出した、銅とアルミニウムに、硫酸基、炭酸基を合わせもった、非常に美しい色合いの二次鉱物、青針銅鉱です。名前のとおり、ベルベットのような質感を持った、鮮青色、針状結晶の集合体となっています。アリゾナ産の青針銅鉱は有名産地品ですが、近年、美しい標本を見る機会は、かなり少なくなっています。
SCM-14007
Chalcopyrite with Dolomite : 黄銅鉱 (苦灰石を共なう)
Sweetwater Mine, Reynolds, Missouri, U.S.A.
65mm x 30mm x 18mm....
米国、ミズーリ州、Sweetwater 鉱山産の人気標本。ドロマイトの結晶集合体上に、紫色に変色した黄銅鉱の微結晶集合体が付いているもので、メタリックな輝きが美しい標本となっています。
SCM-14008
Duftite with Dioptase : ダフト石-翠銅鉱 (ダイオプティーズ)
Tsumeb Mine, Naminia
35mm x 24mm x 21mm....
ダイオプティーズの結晶の一部を、ダフト石が被っているツメブ鉱山産の標本です。ダフト石が付いていない部分から、光沢のあるダイオプティーズの結晶が、顔を覗かせています。
SCM-14009
Shattuckite : シャッターカイト
Omaue, Kaokoveld, Kunene Region, Naminia
41mm x 40mm x 29mm....¥4,800
ナミビア、Kaokoveld産のシャッターカイトです。独特の青色をした微結晶が、石英の晶洞の壁全体に付いているもので、晶洞部分を切り出して標本にしたものです。
SCM-14010
Powellite : パウエル石 (蛍光性)
Jardinera No.1 Mine, Inca de Qro, Atacama, Chile
29mm x 24mm x 21mm....
灰重石のタングステンをモリブデンに置き換えたものに相当する灰重石シリーズの鉱物、パウエル石です。インドから産出するものは、ベージュ色で、灰重石に外観も良く似ていますが、チリ産のものは、半透明で、美しい鮮緑色の集合体で産出し、スミソナイトを思わせる外観をもっています。インド産のものとはだいぶ印象が違っています。蛍光性です。
SCM-14011
Atacamite : アタカマ石
La Farola Mine, Tierra Amarillo, Atacama, Chile
63mm x 42mm x 29mm....
チリ、アタカマ砂漠産の、銅のハロゲン化鉱物、アタカマ石です。濃緑色をしたガラス光沢の結晶が放射状集合体をなし、母岩上に付いています。
SCM-14012
Mimetite : ミメット鉱
Santa Eulalia, Chihuahua, Mexico
40mm x 37mm x 28mm....
メキシコ、チワワ州産のミメット鉱。黄色い柱状結晶の集合体となっています。
SCM-14013
Legrandite : レグランド石
Ojuela Mine, Mapimi, Durango, Mexico
54mm x 37mm x 22mm....
褐鉄鉱上に濃黄色をした透明度のある板状〜柱状結晶がビッシリと付いているものです。母岩が褐鉄鉱のため、目立ちにくいのですが、良く見ると、縦の条線が著しい、光輝の強い結晶がたくさん付いているのがわかります。多彩な形状の結晶が見られる興味深い標本となっています。