『石ふしぎ大発見展・2019 <第25回大阪ショー>』に出品する鉱物標本のご紹介
4月27日~4月29日の三日間、大阪 天満橋 OMM(大阪マーチャンダイズ・マート)2F 展示ホールで開催される、『石ふしぎ大発見展 2019・第25回大阪ショー』に出品する新着品の一部をご紹介します。品物により初日にSold となってしまうものもございますので、どうぞご了承下さい。他にも、ここに掲載していない新着品や稀産鉱物などもございますので、ぜひご来場いただけますよう、宜しくお願い致します。
出店場所は第4展示場 テーブルNo.60となります。
Cumengeite : キュマンジェ石
Amelia Mine, Santa Rosalia, Boléo Dist., Baja California, Mexico
←6mm→
キュマンジェ石は、ボレオ石と同じ産地から産出する、鉛、銅、に塩素を含んだハロゲン化鉱物で、組成、独特の濃青色ともに、ボレオ石によく似ています。しかしボレオ石に比べ、非常に稀産な鉱物で、ボレオ石とは異なる、手裏剣のような結晶で産出するため、超稀産鉱物でありながら、大変人気があります。今回のものは、やや透明感のある美しい色合いと、端正な結晶が見られる良品で、5mm大の分離品ですが、以前僅かに市場に出回ったものに比べると、大変大きな結晶といえます。(2点)
Beryl (Heliodor Tips) : ベリル (ヘリオドール・チップス)
Erongo Mt., Omaruru~Usakos, Namibia
←40mm→
ナミビア、エロンゴ産のベリルです。結晶上部が黄色いヘリオドールとなっている、魅力的なベリルの標本です。(数点)
Grandidierite : グランディディエライト
Tranomaro, Amboasary, Anosy, Madagascar
25mm x 14mm x 12mm
1902年にマダガスカルで発見された、稀少な宝石鉱物、グランディディエライトの結晶標本です。Mg、Fe、Al、に、珪酸塩とホウ酸塩を合わせ持つ、産出の稀な鉱物ですが、宝石鉱物コレクターには、人気の高い鉱物となっています。青緑色の板柱状結晶の集合体をなしており、一見不透明ですが、強い光源下では、透過光が観察できます。(3点)
Black Opal : ブラックオパール
Stybish Mine, Wollo Province, Ethiopia
←28mm→
エチオピア産のブラックオパールです。ノジュール中に入っている物で、著しい遊色が美しい、魅力的な品となっています。(数点あり)
Boleite : ボレオ石
Amelia Mine, Baja California, Mexico
画像幅...←67mm→
メキシコ、バハカリフォルニア州のAmelia鉱山の特産品、ボレオ石の母岩付き標本です。濃青色の立方体結晶で産出する、カリウム、鉛、銀、銅、塩素を組成に持つ、特殊なハロゲン化鉱物で、その外観からか、人気の高い鉱物となっています。以前は分離結晶が殆どで、母岩付き標本は貴重品となっていましたが、既に絶産とされていた鉱山を重機で掘り起こした所、今までには無かったような、アタカマ石、石膏、硫酸鉛鉱を共なった、母岩付きの良品が産出したという事でした。いずれにしても、このようなしっかりとした母岩上に付く物は、以前でも稀で、今後、貴重な標本となっていく可能性があるでしょう。(数点)
Gibbsite : ギブス石
Xianghualing Mine, Linwu County, Chenzhou Prefecture, Hunan, China
画像幅...←52mm→
最近中国から産出し、話題となっている、アルミニウムの酸化鉱物、ギブス石です。本品は淡青色〜鮮青色に色付いた美しい標本で、紫外線照射により蛍光が観察できます。(1点)
Kobyashevite : (with Gypsum on Calcite) コビャシェバイト(方解石上-石膏を共なう)
Ojuela Mine, Mapimi, Duranga, Mexico
画像幅...←30mm→
ロシアのウラル地方で発見され、2011年に記載(IMA 2011-66)された、含水硫酸銅の超稀産鉱物、コビャシェバイトです。鑑賞に耐える標本があまり無く、産出も極めて稀であったため、標本市場でみかける事は殆どありませんでした。しかし2018年の10月ころ、二次鉱物の大産地として知られる、メキシコのオハエラ鉱山から、方解石上を青〜緑色のコビャシェバイトが覆い、その上に針状の石膏が付いた美しい標本が産出しました。一人の業者がほぼ独占状態で扱っており、新産といえども、入手の機会は大変限られているという事でした。(1点)
Topaz: トパーズ
Thomas Range, Juab Co., Utah, U.S.A.
4mm x mm x mm
米国、ユタ産のトパーズです。抜群の透明度を持った、ダメージの無い、シャンパンカラーが美しい結晶標本となっています。(数点)
Bixbyite on Topaz: ビクスビ石 (トパーズ上)
Thomas Range, Juab Co., Utah, U.S.A.
←21mm→
米国、ユタ産トパーズの結晶上に付く、マンガンと鉄の酸化鉱物、ビクスビ石です。光沢の強い黒色の立方体結晶で産出します。トパーズも、端面の完全な両頭式の結晶となっています。(2点)
Rhodochrosite : 菱マンガン鉱
Corner Pocket, Sweet Home Mine, Alma, Colorado, U.S.A.
←19mm→
米国、コロラド、スイートホーム鉱山産のロードクロサイトです。往年の品のストック放出品で、色の鮮やかな中級品を中心に入手しました。(数点あり)
Limonite after Pyrite (Iron Cross Twin) : 褐鉄鉱-黄鉄鉱(十字貫入双晶)
Gachalá, Cundinamarca, Colombia
←40mm→
コロンビアの旧エメラルド鉱山から産出した、褐鉄鉱〜黄鉄鉱の十字貫入双晶です。アイアンクロス・ツインと呼ばれる黄鉄鉱の五角十二面体に特徴的な双晶ですが、産出は極めて稀で、知名度に対して入手の難しい品となっていました。産地も少なく、米国、モンタナ産や、ドイツ産のものを稀に見かける程度で、サイズも数ミリ〜1センチ程度のものが殆どでした。今回のものは4センチ大あり、重量感のある結晶標本として、大変魅力的な品となっています。(3点)
Plumbogummite with Pyromorphite: プルムボグマイト (鉛ゴム石)
Yangshuo Mine, Guangxi Zhuang, China
←46mm→
黄色い緑鉛鉱上に生成された、灰青色のプルムボグマイトです。重量感のある立派な標本となっています。(1点)
Aragonite: 霰石 (アラゴナイト)
Sterfontein Caves, West Rand District, Gauteng Province, South Africa
←59mm→
南アフリカから産出した、先の尖った、錐状の柱状結晶集合体をなす、魅力的な外観をもったアラゴナイトです。(1点)
Rhodonite in Galena : 薔薇輝石 (方鉛鉱中)
North Mine, Broken Hill, New South Wales, Australia
←95mm→
近年、入手が難しくなっている、オーストラリア、ブロークンヒルから産出する、方鉛鉱中のロードナイトです。ガラス光沢を持った、透明感のある濃赤色の結晶が方鉛鉱中に入っている、重量感のある、キャビネットサイズの標本です。(1点)
Wupatokite : ウパトキ石
Red Canyon, San Juan County, Utah, U.S.A
←28mm→
Co、Mg、Ni、Alの含水硫酸塩鉱物で、錦糸光沢をした、ピンク色の毛状結晶集合体で産出したものです。毛礬グループの鉱物で、美しい外観を持っていますが、脆いので、取り扱いには注意が必要です。(数点)
Antlerite with Azurite : アントレー鉱(藍銅鉱を共なう
Posey Mine, Red Canyon, San Juan Co., U.S.A.
画像幅...←30mm→
米国、ユタ州から産出した、銅の硫酸塩鉱物、アントレー鉱です。濃緑色の微結晶が集合体をなし、濃青色の藍銅鉱を共なっています。(2点)
Vorobeyevite Pyrite (Alkali-Beryl) : ボロビエバイト(ベリル)
Deo Darrh, Badakhshan, Afghanistan
10mm x 10mm x 8mm
ボロビエバイトは、産出当時、新鉱物として取り扱われましたが、現在では、セシウム・リッチなベリルとなっています。灰青色の結晶が集合体をなす、エッチングタイプの小さな標本です。(1点)
Agate : メノウ(瑪瑙)
Black Soil Creek, Agate Creek, Queensland, Australia
23mm x 19mm x 18mm
オーストラリアのクイーンズランド州から産出する、パステルピンクのメノウです。天然メノウの色合いとしては、大変魅力的な品となっています。パステルピンク以外にも、オレンジ色味をおびたものや、赤色のものもあります。(数点)
Neputunite : ネプチューン石 (海王石)
Gem Mine, San Benito Co., California, U.S.A.
←34mm→
ベニト石と共に産出する事で知られる、ネプチューン石(海王石)の結晶標本です。一見黒色ですが、強い光源下で観察すると、暗赤褐色であるのが分かります。(2点)
Elbaite (Tourmaline) : リチア電気石
Hakansboda, Västmanland, Sweden
←13mm→
ペデルネイラ、クルゼイロなど、ブラジル産のものや、米国、カリフォルニアのヒマラヤ鉱山産など、いくつかの産地のトルマリンの良品を揃えました。ルベライトや、バイカラー、キャッツアイタイプなど、魅力的なバリエーションがあります。
Liddicoatite : リディコート電気石
Anjanabonoina, Manapa, Antsirabé, Madagascar
長石上に付く、美しい紅色のリディコート電気石です。結晶は数ミリの小さなものですが、ルーペで観察すると、透明度、照りともに良好な端面付きの結晶が、多数観察出来ます。(数点)
Septer Quartz (Smoky~Amethyst) : セプター・クォーツ(松茸式・煙水晶〜紫水晶)
Beaverhead County, Montana, U.S.A.
米国、モンタナ州産の松茸式水晶です。煙水晶、紫水晶のセプタータイプで、軸が貫通しているものや、板状、紫水晶と煙水晶が共生しているものなど、変わった晶癖をもつものも多く、様々なバリエーションがあります。(多数あり)
Opal : オパール (蛍光性)
Virgin Valley, Humboldt County, Nevada, U.S.A
←40mm→
米国、ネバダ州、ヴァージンバレイ産の蛍光性オパールです。遊色こそ見られませんが、長、短波紫外線により、緑色の強い蛍光を発します。(数点)
Cerussite: 白鉛鉱
Santa Cruz Co., Arizona, U.S.A.
アリゾナ産の白鉛鉱です。アリゾナ産白鉛鉱に特徴的な、白色、不透明な板柱状結晶集合体で産出したものです。(多数あり)